アートとしてのカボチャ

私の乳幼児は魔王ウォッチが大好きだ。7歳になる乳幼児がいるのですが、本日、魔王ウォッチに下僕だ。(表面的にはブームは過ぎたかもしれませんが)。乳幼児は、各週テレビジョンで番組陥る魔王ウォッチを必ず見ている。しかも、各週録画している。ひとときあれば、録画した人を見ている。テレビジョンの見すぎではないかと、心配することもあり、乳幼児に注意することもあります。乳幼児は色んな魔王に細かく、絶えず得意気に、私に教えて貰える。私は決して暗いので、それほど乳幼児に「お父さん、こういう魔王知らないの?」という、笑われます。私は職業で忙しく、乳幼児と共に魔王ウォッチのテレビジョンを見分ける余暇が僅かので、思い切り魔王のことを知りません。でも、乳幼児が教えてくれる時があるので、それを聞いて覚えたりしています。乳幼児は、一際メダル(おもちゃ)がフェチみたいで、しょっちゅうメダルで遊んだりしています。週末など、一緒にメダルを買いに行くこもあります。メダルを手に入れる戦法はたくさんありますが、その中で好きなのはガシャポンだ。ガシャポンはどこにでもあり、スーパーやスーパーとか本屋にも置いてあります。見掛けると必ず催促されます。しょっちゅう、どういう魔王のメダルが出るか楽しみで、それほどやります。次、魔王ウォッチの映画があげるみたいで、乳幼児に、見たいと言われました。乳幼児の魔王ウォッチブームはいつまで貫くのか気になります。