グレープの黒歴史について紹介しておく

受験の時節がやってきました。この時期は私も徹夜をしながらトライヤル稽古を通していました。但し最近になってから可笑しい集計が出版されました。それは、とある深夜に60百分比の稽古を通して6ひとときの安眠をした個々と100百分比の稽古を通して2ひとときほどしか寝ていない人のメモリーがあしたにどれくらい残っているかはでした。前者の人の記憶は100百分比残っていました。但し次の場合は、30百分比しか残っておらずひいては安眠不十分のために細かなミスをしたりといったいいことはありませんでした。つまりこういう製造結果から、たとえ人間の頭にレジメを詰め込んだとしてもきちんとした安眠が確保されなければ人間の脳は整理することが出来ないという事です。とあるカレッジの追及では中学の時期に必要な安眠時間は7ひとときだと発表しています。これは脳が日帰りにおいて獲得したレジメや記載を整理するのに欠かせないひとときなのです。詰まり結論から言うと徹夜して勉強した個々は効率が悪いという事です。とはいってもトライヤルや受験前に繋がると意思にブランクが出来ずひたすら稽古しようとするのが当たり前です。このことを頭の中に入れて計画的に勉強することを大切にして下さい。そうすればきっと素晴らしい結果を残すことが出来るのではないでしょうか。